読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真人間になるため

新感覚癒し系魔法少女ブログ

ブログとは

ブログとは、個人や数人のグループで運営され、投稿された記事を主に時系列に表示する日記的なWebサイトの総称。“weblog”(ウェブログ)とは “web” と “log”(日誌)を一語に綴った造語で、現在では略して “blog” (ブログ)と呼ばれることが多い。

e-words.jp

 

初めまして、自称ツイッター芸人の私です。さっそくブログというものについて説明をしましたが、特に意味はないです。とりあえず引用リンクを貼っておけばブログっぽく見えるだろうという浅はかな考えです。

 

さて、本題。なぜブログを始めたのか。

私は元々文章を書くことが好きですし、読むことも好きです。好きなブログは毎日欠かさずチェックし、初投稿記事から最新記事まで一気見するというサイクルを繰り返しています。(主に深夜1時~4時の間に)

当然次の日は遅刻です。起きたら1限が始まって40分経過しているなんてザラにあります。しかし、高校時代から遅刻常習犯の私としては、1日のスタートが早すぎると思うのです。古くから人間は日の出と共に起き、日が沈むと共に眠る。そのサイクルが確立していたのですが、今はインターネットが発達した現代社会です。ブルーライトの光は昼夜我々を照らしています。

つまり現代人がわざわざ朝早く起きて勤労の義務に励む必要性は全くないのです!!!!!!!!!

 

話がそれました。

 

簡潔に言うと、文章が書きたいからブログを書いてみようと思ったのです。思春期男子諸君にもわかりやすく言うと『オナニー』です。自分が感じた事、思ったことを黙々と文字に起こすという行為は悪ではありません。むしろ推奨されるべき行為だと思っています。しかし、2010年台以降の現代人は文章を書くという行為が少なくなってきているのではないでしょうか?SNSの台頭により、人々は文章ではなく「つぶやき」をするようになりました。ティーンエイジャー達は思ったままの感情を140文字にぶつけます。

あつい、さむい、だるい、ねむい、むかつく......etc

 

なんてもったいない!!!!!!!

 

小さいころから日本語を学んでいるのにこの有様!日本語を美しく表現していた麗しの平安エイジカムバック!これでは祖先に顔向けできません。全くなんという時代でしょうか......これは私が手本を見せるしかありませんね。140文字という制約のなかで美しい日本語を使いこなしTLを熱狂の渦に巻き込んでいる私のツイートを紹介しましょう。

 

twitter.com

twitter.com

 

前言撤回します。

 

ご覧の通り私の文章力と語彙力は壊滅的です。感情をそのままツイートするということをなるべくしないように心掛けているのですが、やはり現代人ですね。このような状況を打開し一流の日本人になるため、己の日本語スキルの向上を目標としてブログを書いていこうと思っています。(上手いこと〆ることが出来ました)

 

 

自分について

そういえばちゃんえまのこと詳しく知らないな~という方に向けて簡潔に自己紹介文を書きます。

 

名前:ちゃんえま

これはあだ名なのですが、いつか起源についてお話したいと思います。実は友人のタイプミスで生まれた「ちやまんえま」「ちゃまえんまま」という亜種が存在します。その友人はギルティですね。

 

住み・出身:秋田生まれ横浜暮らし

秋田で生まれた=クソ田舎育ち と思う方がほとんどでしょう。ですがあえて言わせてほしい。私は秋田でも割とシティな町で育ったのです。故郷の町は、駅や高速道路のインターがあります。大きなスーパーモールも道の駅も存在します。どうです?かなーりシティでしょう。田んぼもチャリで5分かかるところに存在します。圧倒的シティ感。嗚呼、素晴らしき十文字町

横浜は特に語ることはないですね。ですが、横浜シティ民の方々が、神奈川在住ではなく横浜在住と発言する気持ちはとても分かります。坂多すぎるけど。

 

職業:大学生

さっさと卒業するか、辞めたい。

 

趣味:アニメ鑑賞、アイドル、ゲーム、読書(漫画、小説)、イラストを描く、小説を書く、ニコニコ動画巡回、音ゲー、ネットサーフィン、髪色を変える、BL......etc

お判りでしょうが、私はかなり年季の入ったオタクです。太陽の光を浴び、顔面からアスファルトの地面に飛び込んでいくような活発な少女は、いつの間にか、太陽の光を極力避け、全財産を二次元に投げ込むような陰気なおじさんになってしまいました。

でもこの趣味があるおかげで人生がびっくりするくらい楽しいです!(同時に人生のドン底に叩き落されることもありますが)

 

夢:ありません

このブログのタイトル「真人間になるため」の真人間とは、私なりに解釈して「最低限人間らしい生活を送り、欲深くなく、自分の夢を明確に持ちそれに向けて努力できる人間」という風に考えています。周りを見ると、やはり皆それぞれ夢を持って動き出しています。しかし、努力を嫌い楽な道を選んできた私には、その夢がないのです。

大企業に就職したい? ―いやいや、働きたくないです

大学院に行って研究したい? ―いやいや、院に行ける頭も金もないです

文字書きとして大成したい? ―いやいや、趣味を仕事にしたくないです

ニートになりたい? ―最高の進路ですけど奨学金返さなくちゃいけないし......

 

やはりこのままではいけない......と感じています。このまま日々を浪費して学生生活を送るのは嫌です。どうしたらいいんだろう......。

ちょっと真面目な感じになっちゃったんですが、年齢的にギリギリ魔法少女はイケると思ってます。なんなら、登校途中に石油王の乗った車に撥ねられそのまま第4夫人として迎え入れられ、美少年を侍らせて余生を過ごせると思ってる。これはマジ。それか、7億当てて薄幸の美少女を引き取り二人森の奥ひっそりと暮らすのです。

 

まあ、こうやって夢を見つつ、現実の夢を見つけられたらいいなって思ってます!幸せになりたい!週7で全休になれ!